離婚を考えていますが、どのような理由があれば離婚できるのでしょうか?

話し合いでの離婚、つまり、協議離婚の場合には離婚するにあたって理由は必要とされていませんので、離婚の合意さえあれば離婚の理由はなんでもかまいません。

しかし、話し合いでの離婚、つまり協議離婚がうまくいかなかった場合に、夫婦の一方がどうしても離婚を望んでいる場合には、一方が家庭裁判所に対して離婚調停(「夫婦関係調整の調停」)を申し立てて調停において離婚の合意に至って調整が成立すれば離婚できますが、離婚調停の場合にも合意さえあれば理由の如何は問題にされません。離婚調停が不成立に終わった場青に夫婦の一方が離婚を希望する場合には離婚訴訟を家庭裁判所に提起し裁判所が民法770条に定めた離婚事由があると判断すれば裁判所は離婚を認める判決を下します。

民法770条1項では、(1)不貞行為(2)悪意の遺棄(3)3年以上の生死不明
(4)強度の精神病(5)婚姻を継続し難い重大な事由を離婚事由に挙げています。
(3)の悪意の遺棄とは正当な理由のない同居・協力・扶助義務の放棄をいいます。
(5)の離婚を継続し難い重大な事由の意味ですが、婚姻生活が破綻し、修復が著しく困難な状態を意味します。その意味では(5)の婚姻を継続し難い重大な事由は(1)から(4)までのその他の事由を包含していると言えます。

もっとも、離婚を希望する者が不貞行為をするなどして婚姻生活を破たんした原因を作出した場合には有責配偶者の離婚請求として、裁判所は極めて厳しい要件の下、限定的に郵政記配偶者の離婚請求を認めています。

アクセス

川越駅東口徒歩5分

埼玉県川越市脇田町33-17
日高脇田町ビル3階(地図はこちら

交通

  • JR川越線・東武東上線川越駅東口より徒歩5分
  • 関越自動車道川越ICより車で7分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

川越を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート